Amazon のページ検索で一部紹介

 

『星の階梯 II』の一部が、Amazonのページ検索で少し読めます



本の一部が紹介されています。もっと多くのページが出ていたら良かったのですが、あまり多くは出ていません。プロローグと、第一章の一部です。サプライズミーボタンを押すと、幾分多く表示されます。

 

  題名が『星の階梯(かいてい)II 』

  副題は「アスペクト・ディグニティー・リセプション」です。

『星の階梯 II 』

発刊しました

 

2020年秋 発刊

 

ISBN 978-4-907424-29-9

カクワークス社

河内 邦利 著

『星の階梯 II』

 

  

 二冊目の教科書できました

 

お近くの大型書店さんへ
お申し込みください

内容紹介 目次



 これまで、あまり紹介されることのなかった技術、アスペクト・ディグニティー・リセプションの事柄です。内容は、初めて目にすることが多いので、難しく感じられることがあるかもしれません。

 

 チャートは、アスペクトだけで読み解けません。

 

 全く別の視点が存在します。 

 

 

『星の階梯 II』 定価  3,300(税込み)

Amazon、全国の書店で注文販売


● アスペクトは、惑星の入っているサイン、そして、ハウスによって、全く違ってきてしまいます。

 

 例えば、太陽と月が、♊のサインでコンジャンクションしているなら、コンバスト。

 

 恋愛なら、破壊されます

 

 しかし、太陽と月が、♉のサインでコンジャンクションなら、リセプションです。

 

 恋愛なら、成就します

 

 破壊される場所や、成就する場所は、他にもあります。その為、サインに基づいてアスペクトを観察しなくてはなりません。これまでの西洋占星術の教科書の、どこにも書かれていません。先生と名の付く人でも、知らないからです。

 


◆ HPには、多くの技術が書かれていますが、全体を俯瞰するには厄介です

 

 ぜひ、『星の階梯』シリーズをご覧ください。

 

 HPというのは、どこから学べばよいかがサッパリ分からない作りになっています。関連するページを探すのも一苦労です。テクスト(教科書)とHPは、役割が違います。

 

 時には、HPの方が便利なこともあります。

 時には、テクストに頼る方が早いこともあります。

 

 ¥3,300 で、かなりのものが手に入ります。

 

 日本語で西洋占星術の技術を一覧する本が無い以上、英語で勉強するしかありませんが、英文が読めるからといって、それでも、なかなか理解するのが難しいのが占星術です。

 

 現に、西洋占星術のネイティブの先生に習っていても、その先生がリセプションを誤解していたりします。

 

 もっとよく理解をしたいが為に、当スクールを受講する人が何人もいらっしゃいます。理由は、リセプションが分かるからです。