西 洋 占 星 術 の 用 語

● 用語解説

   西洋占星術の理解を阻害する要因の一つが、用語です。



● 用語は、間違って理解してしまうと、後の勉強に差し支えます。

 

 何が問題なのか。

 

 出典が書かれていると文献を辿ることができますが、占星家独自の解釈だと思われるものが多々あります

 

  同じ言葉なら、同じ意味だろうと思いますが、違っています。

 

 よく理解していなかったり、クロスリファレンスをしていなかったり、習った先生のものを鵜呑みにしていたりして、書かれていることがあるからです。

 

 ここでの用語の解説は、可能な限り17世紀以前の本を参照して書いています。従って、日本語の教科書の中に書かれてきたことと、意味が違うものも多々あります。それを確かめてみるのは面白いことですから、ぜひ、行ってください。

 


● このホームページの用語解説について

  

 ここでの用語解説も、まだまだ不十分です。出典が書かれているものは、大丈夫ですが、私が独自に理解した事柄を書いているものもあります。充分注意してお読みください。

 

 又、西洋占星術の用語は、日本語になっていないものも数多くあります。

 

 何となく意味が分かるといった程度の日本語に訳されたものもあります。この解釈の仕方が、西洋占星術を学ぶための壁になっていることも否めません。そこで、ある程度のことを載せました。

 


● 占星術の用語が外来語のままになっていることも、理解を阻む原因になっていると感じています。

 

 解説する人の用語の理解に相当の差があり、このままではその壁がかなり厚いまま残ってしまうという印象を受けています。

 

 ここには、占星術の理解の助けのために、古典的な文献を参照しつつ、用語解説といたします。

 

 使われている占星術の用語を、全て私の一存で適切な日本語にするには敷居が高すぎます。まだ、カタカナのままのものがほとんどです。

 

 あまり使用頻度の高くない用語は載せてありません。

 

 ある程度のことだけが載せられています。一般的でないものも入れ込みたいのですが、それは時間が許せばとしておいて下さい。中には、滅多に使わないものもあると思います。英文の本で学ばない限り、出てこない用語もあります。

 


● 私は、これまでに占星術を学んできた経験から、占星術のチャートの中の、中心的な要素は三つであろうと考えています。

 

 それは、サイン惑星ハウスです。

 

 一方、判断の要になるのは、ディグニティーアスペクトリセプションです。

 

 アスペクトはサインと惑星に関係のある付随的な事柄だと考えられますし、また、ディグニティーは二つの要素、強さと弱さ、良さと悪さとに分類されます。リセプションは、アスペクトとも密接に絡んできます。

 

 恒星は常に判断の重要な要素になるわけではなく、占星術の各ジャンルによって軽くとらえられたり、非常に重要に扱われたりしますから、中心的な要素から外しました。

 


● 16世紀イタリアの占星家カルダンは次のように述べます。

 

 『奥義の至高のものは三つ。それは、理性、知性、経験である。判断の原則は四つ。惑星、

  ハウス、恒星、互いに置かれた位置である。』

 

 訳の終節の部分、互いに置かれた位置関係は、ディスポジション、リセプションをも含んだものとも言えます。また、カルダンの格言にはサインが含まれていません。けれども私は、今日の日本の占星術には、サインの理解がとても必要だと考えて含ませました。 

 

 17世紀以降占星術は大きな変容を遂げました。その為に日本に伝わっている占星術用語も、占星術の源流からかなりずれ込んでしまいました。そこで、完全ではないにしろ、中心的な用語をまとめてみました。占星術と直接関係のない用語は極力省いてあります。

 

 説明の中で、さらに用語解説を必要とするよく分らない言葉が出てくるかもしれません。それは、ご容赦ください。お問い合わせのページから、リクエストください。 

 

 

用 語 解 説 あいうえお順 星占い ホラリー西洋占星学

用 語 解 説 アルファベット順 A~L

用 語 解 説 アルファベット順 M~Z


英単語

文中には、時々、英単語の解説があります。

 

参考にしていただければ、幸いです。