イグザルテーション(キングダム)



 日本語では多く、「高揚」と訳されている。この言葉はイグザルテーションのニュアンスの一つに過ぎない。゛得意になっている ”、゛有頂天 ”、どれも英語のexaltationからの訳である。

 

 ギリシャやアラビアでの意味は、どちらかというと権力の一つである、「王権」という意味に近かった。

 

 コンペティッション(競争・争奪戦)や裁判などでは、ドミサイル(=サイン)のルーラーよりも、イグザルテーションのルーラーの方が強くなる。このことを考えてみると、ドミサイル以上の強さを持ちながら、ドミサイルでは無い存在を想定できる。

 

 12世紀のスペインで、アラビア語の本からラテン語に翻訳された時に、スペインのジョンという名で呼ばれる翻訳者の訳がそのまま採用されて今日に至っている。同じ時期に、同じスペインで、別の人達もアラビア語の様々な占星術の文献をラテン語に訳していた。主だった人物は三人で、カリンシアのヘルマン、ケトンのロバート、およびサンターリャのフーゴと呼ばれる者たちである。

 

 スペインのジョンと、別のグループの翻訳者の態度は少し違っていて、スペインのジョンは分かり易くをモットーとし、以下の三人はラテン語訳にするに際して格調高く翻訳することを旨としていた。そのせいか、言葉選びには大きな違いが出てきたのである。

 

 サンターリャのフーゴ、カリンシアのヘルマン、ケトンのロバートは、同じ言葉(イグザルテーション)に、゛帝国、主権、王国 ” 等の意味を持つ言葉、キングダムを採用した。この二つの言葉の感覚は大きな違いを生んでしまう。

 

 主権(ドミサイル)と対応する、王権(キングダム)は、良い翻訳だと思う。

 

 あなたがマンションを借りていたとして、そのマンションに住めるあなたは、ドミサイルである。居住権者として住民登録をする。マンションの持ち主が別にいて、その持ち主はそのマンションの同じ部屋に住む事はできない。ドミサイルのルーラーにはならない。所有権を持つオーナーは、キングダムである。

 

 しかし、マンションの一階が水びだしになるなど被害が及ぶと、持ち主である所有者(王権者)会議で、今後の対策が決められていく。居住権者は、別のマンションを借りれば済む話である。ドミサイルのルーラーは会議に出席する権限すらない。これらを考えると、ドミサイルのルーラーが強い場合と、イグザルテーションのルーラーが強くなれる場合の二通りがあることが、現実の社会にもあることが分かる。

 

 したがって、裁判などでは、ドミサイル(サイン)のルーラーよりも、イグザルテーション(キングダム)のルーラーの方が強くなる場合が出てくるわけである。

 

 イグザルテーションを「高揚」と訳していては、この感覚はつかめない。だからといって、日本語訳を直ぐに「王権」と変えようとは思えない。ニュアンスを知って使うことの方が大事なのである。西洋占星術のイグザルテーションという言葉の背景には、(ドミサイル)所有権者と主権者のような違いがあることを念頭におく必要がある。

 


 どの言葉がそうなのかを選択して示すことも難しいのだが、我々はヨーロッパから伝わって来た英語に訳された多くの言葉を、分かり易いラテン語に訳したスペインのジョンの訳からのものに、もはや慣れ親しんでいる。ケトンのロバート等の訳は、格調が高過ぎて、また訳も非常に難しいと言われている。

  

 分かり易い方を好むのか、より厳密に訳された方を好むのか、そこにも将来に渡って占星術を伝える難しさがある。

 

 有名なイタリアの占星術師グイド・ボナタス(13世紀の人)、スペインのジョン、サンターリャのフーゴ、カリンシアのヘルマンら、それ以降の人である事を押さえておくべきである。ボナタスは、当時のヨーロッパで、ラテン語からしか占星術を知るよしがなかったことを考えると、12世紀のスペインで訳されたアラビア語のからの翻訳物は、ひじょうに貴重である事がわかる。実際に、アラビア語のものが残されておらず、ラテン語の文献しか残っていないものもある。

 


 イグザルテーション(キングダム)は惑星のディグニティーを示す一方で、イグザルテーションになった惑星は、そのサインに入って来た惑星を彼自身(イグザルテーションの惑星)がレシーブをする。例えば、山羊(♑)のサインに入っている惑星を、(その惑星が全く他の惑星とアスペクトを持たなくても)、ドミサイルでは土星がレシーブし、イグザルテーションでは火星がレシーブをする。だから、惑星がそこに(他の惑星と)何の関連もせずに置かれている事は、あり得ないのだ。必ず、他の惑星からの干渉があるのだ。

 

 これは、今日見過ごされている占星術上の、ある真実である。

 

※ 参照 ベンジャミン・ダイクス著 Traditional Astrology Today