修了証書 ”Horary Craftsman”

 

 2005年4月9日付けで、卒業

 

 

 2001年1月から、真剣に学ぶ日が続きました。卒業したら、そこがスタートでした。西洋占星術は、ものすごく広くて深い世界です。どんどん知らないことが増えていきます。


 西洋占星術を学び始めて30年ほど経ってから初めてリセプションという概念を知りました。

 

 又、ディグニティーというものがあって、その中にエッセンシャル・ディグニティーとアクシデンタル・ディグニティーの二種類のものがあることを知りました。

 

 アスペクトには幾つもの意味があることも、ようやく知りました。光を運ぶということが最も刺激的でした。

 

 西洋占星術の中には、まだまだ知らない法則が眠っています。

 

 アスペクトですが、サインを超えてから完成するのかどうか? 習う前まではとっても疑問でした。ボイドという考え方もあります。でも、C.Aの中にも出てきますけれど(例えば、p.385)も、月が概念的にボイドであっても、ちゃんとアスペクトは完成し、物事も成就するのです。本当のボイドとは何なんでしょう。

 

 ところが、アスペクトの中にはサインを変えると完成しないアスペクトも存在します。それらをどうやって見分けるのか? 習わないと分からないことが目白押しでしたが、先生に付くことでようやく解決した問題が多々ありました。

 

 本は、インデックスです。本を信じてもいいのですけれども、実例に頼ると、又別の視点でチャートを見ることができることもありました。最終的には、「その与えられた質問をどう解くのか?」それを自ら解決する力を養うことなのだと理解できました。

 

 だからといって、全ての問題に対処できるようになったとはお世辞にも言えません。まだまだ練習が足りません。リリーと同じように、占星術の学生の一人に過ぎないのです。

 

 それでも、生徒さんたちに伝えていこうとしているのは、私のようなつたないレベルであっても伝えることが多々あると考えているからです。もう一つの理由もありますが決してそれは金銭的な理由ではありません。