惑星のオーブ



オーブ (Orbs)

 オーブは、アスペクトやコンジャンクションと共に用いられるものである。オーブは始め[球体(ラテン語でorbis)]として考えられたというよりも、惑星が影響力を及ぼす範囲や幅と捉えられていた。意外とこの概念の盲点になっているのは、球として捉えることにある。

 

 オーブは、アスペクトやコンジャンクションという線や状態が持つものではなく、惑星そのものが持っている。それゆえ、アスペクト(のような帯)ごとにオーブの幅を変えることは無い。

 

オーブの発生と 歴史

 オーブの捉え方は、古代から様々な考え方と意見によって形作られてきた。始めは、影響力の強く及ぶ範囲のことを指していたと考えられる。レトリウス(6世紀)の書く、Astrological Compendiumという書物にそれが載せられていて、それによると「3°」ということになるが、基数の0.00~2.59°よりも、階段差の3断(0.00~3.59°)と捉えているようである。これよりも幅の狭い、1.59°~5.01°は、これを逸脱します。

 

 古代の西洋占星術の全ての序数は、時には序数通りに家の1階、2階のように、序数の17分が、基数の16分(カジミ)となっているわけでは無い。考えられる概念の中には、明らかに階段差のように数えるものが含まれている。

 

 更に時代を変遷していき、アル・カビス(10世紀中ごろ)の時代までに、オーブの基本的なものが6°(両側なら12°)を中心として構成されてきたようである。アラビア時代の多くの占星家が賛同していたオーブは、下記のように、それぞれ片側の幅で随分と広く拡がっていくことになる。

 

 太陽が15度、月が12度、水星7度、金星7度、火星8度、木星9度、土星9度等であった。しかし、オーブの端が分かりにくい為に、陸と海の境を波打ち際で観察していても、よく分からない。そのようなものでありながら、判断では重要な基準になる場合が多々ある。

 

 基本的な惑星のオーブが6°と言われるまでに、おそらくホラリー占星術で確かめる場面が多くあって、惑星の影響範囲が整えられていったのだと思われる。もう、これは想像の範囲なのであるが、ネイタルでは確かめようがないからである。

 


オーブは、どうやって考えられたのか

 太陽の側に近づく惑星達はその光によって隠されてしまう。このことを観察した古代の人達が、太陽の回りに一種のオーラがあると捉えた。これが、オーブの始まりであると言われる。惑星はそれ自身の回りに、強く影響力を与える領域を抱えているのだと考えたわけだ。

 


誤解を与えている リリーのオーブの把握の方法

 ウィリアム・リリーはオーブの幅を両側を足してこの幅だと誤解していたようで、それぞれの半分を考慮していることがある。これは、フランス人占星家ダリオットの意見に従った結果である。C.Aの107p表には、リリーが妥当だと認めたオーブの幅を書いている。何故、アラビアの占星術師のオーブを採用しなかったのか、分からない。しかし、右側の表は、かなりアラビアの占星術師たちが使っていたオーブに近い。

 

 

 右側の火星は7度となっているが、8度の写植間違いではないのかなと思いたいのあるけれども、リリーの経験で7度としたことになっている。♂を8度にすると、アラビアの占星家と同じになる。しかし、リリーはあくまでも片側だと信じている。

 

 彼がオーブの幅を多少誤解していた事を、私はボイドの項で書いている。そうではありながら、もともとオーブの幅が考慮の重要な部分ではないので、リリーは全く誤判断をしていない。「オーブは、時々重要になるだけ」というのは、こういう歴史的な事実からも汲み取れる。

 

 考慮の対象になるオーブは、物事が完成されるか、あるいは又、物事が完成しないことを観察しているときに生じる。惑星A.と、惑星B.が近いうちに角度による角度に従ったアスペクトを完成させるか、コンジャンクションを完成させる時に、A.とB.が結び付くまでに邪魔立てする惑星が無いと仮定して、彼らが互いのオーブ内にあれば、良い事であれ、悪い事であれ、物事は完成する。

 

 しかし、同じサイン内でありながら、惑星A.と、惑星B.が互いのオーブを足した以上に離れていると、物事は完成をみない。月と当該の惑星がある程度以上離れているなら、サインの端までにアスペクトする惑星が無くても、ボイドとなる。例えば、月が2度、火星が25度などです。両方の惑星のオーブを足しても20度なので、互いに、まだ、認識し合っていないこととなる。

 


惑星のオーブの幅それぞれを動かして考えるのか?

 

● 角度による角度に従ったアスペクトの考慮は、必要なこともあり、不必要な事もある。物事の完成を観察するなら、角度による角度にしたがったアスペクトも必要なことが多々ある。サインを越えてから角度による角度に従ったアスペクトを取る事もあり、これが完成を示すこととなる。

 

  サインを越えてから角度によるアスペクトが完成される時  参照 ボイド

 

 一般的に、惑星(A.)は、サインの端に至るまでに、他の惑星(B.)とアスペクトなりコンジャンクションをしなくても、次のサインに至るまで考慮ができる。ただし、サインを越える場合には、近づく方の惑星のオーブのみを考慮する。このことは、サインを越えることで、完成に至る何か一つの条件をクリアすることを示している。サインを越える場合には、近付かれる惑星のオーブが採用されることは無い。

 

 2つの惑星のオーブの幅を越えて効果の出るアスペクトはない。


 サインの端をその出来事の終端位置として捉える事も有る。

 

 例えば、スポーツの試合等では、全ての惑星を次のサインに入れずに考慮する。サインを超えてアスペクトをしても無効になる。日を跨いで行う試合は、別である。


 シリーズ戦のように、今の試合のように判断することが難しい要素を含んでいるホラリーの質問もある。この場合にはオーブを越えて良いかどうか、的確に質問の「質」を考慮して判断しなくてはいけない。

 


オーブは、何故、これほど広くても構わないのか

 

 上記のようなオーブ幅は、広すぎると思われるかもしれない。しかし、月とそれぞれの惑星とのアスペクトで、確実に効果を生じる。ぜひ、経験して頂きたい。ホラリー占星術で。

 

 太陽などはサインの15度にあると、サイン全部を覆ってしまう。しかし、アンダー・ザ・サン・レイは両側17度であるから、それよりも ‶オーブ” は狭いことになる。

 

 我々に伝承されたオーブは、明らかに惑星ごとに決められたものだ。アスペクトという線に固有の概念ではなく、惑星固有のオーラのようなものである。

 

 オーブの観察は行うべき場合と、行わなくても構わない場合があり、どちらかというと、滅多に考慮をしない。オーブの観察に至るかどうかまでの手順を考えてみると・・・

 

1.質問に、物事の完成が必要であるとされているかがスタートとなる。

 

2.惑星の入っているサイン同志がアスペクトしているかどうかを見極め、

 

3.同じサイン内を移動すれば、数度でアスペクトが完成するなら、オーブの観察は要らない。
  それよりも、妨害者が生じないか、トランスファー・オブ・ライトや、コレクション・オブ・
  ライトが生じていないかの観察の方が重要になる。

 

4.完成を示すには、かなり角度が離れ過ぎている。それなら、オーブを考慮することになる。

 

 惑星達がオーブ内に留まっているかどうかは、常に観察しているわけではない。しかし、考慮の対象として念頭に置いておく必要はある。

 

 惑星がオーブだけで物事を妨害する事はない。同時に、オーブ内だからということで物事が完成される事もありえない。惑星同士のコンジャンクション、又は、アスペクトが要る。確かに惑星達はサインを越えても物事を完成することを示す場合がある。この時こそは、オーブの幅を考慮するものと考えて頂きたい。

 

 あえて考慮しない場合もある。それは、ボイドの項で書いているように、期間が限定されているものだ。スポーツの短期の試合経過では、サインの端を、その試合のチャートの終端と観察するから、オーブの終端が次のサインに及んでいても考慮を打ち切る。

 


オーブの実例 リリーの誤解

  例題:C.A 401p

 

  リリーはサインを越えた惑星の判断を随所で使っている。401pの例題は、エセックスの閣下がレディングを取り戻せるかについて占ったものである。

 

 

分かりにくいので、作り直している

 

  彼は、チャートの中の月は、これまでがボイドであった(過去形)と言う。

 「... this Figure well manifests; the Moon separated (a vacuo) and ...

 

  このチャートは旨く明示している。月は(a vacuo[ボイド])から離れてきていて、...」

 「...; she applied to a Sextile of Mars,...   

  月は、火星にセキスタイルで近付いていた、...」 

 

 そして、火星はフォールであるけれども、月は火星とリセプションしているから希望があると書いている。もし、これがボイドであれば、火星へのアスペクトを全く考慮でない。レシーブだけとなる。月はサインを越えてそのオーブの内側で火星に、リセプション(レシーブとアスペクト)を完成させる。

 

 ただ、リリーはこういう場合にオーブの半分ずつを足している。何故なら、火星と月は7゜離れているからである。リリーは月のオーブは12゜で、考慮する場合は半分を考慮するのだよとC.Aの439pでほのめかしている。このことから、近付かれる火星のオーブの半分を足して考慮しているように考えられる。

 

  まるで、サインを越えた場合に、オーブを半分にして考慮している。

 

 それはともかく、サインを越えてアスペクトなりコンジャンクションが完成する場合には、オーブを考慮せざるをえないこととなる。何故ならば、どこまでも角度による角度に従った惑星同士のアスペクトなりコンジャンクションが完成を示すなら、かなり広い幅を考慮していくことになるからである。それでは、際限が無くなる。

 

 そういう意味では、私達の観察を打ち切る一つの限界を示しているとも言える。

 

 だからといって、全ての事柄でオーブの端を限界としているわけでもない。本当に占星術はややこしくて厄介である。