外惑星 小惑星


宇宙にある全てのものは、意味を持っています。

 

存在の意義・意味を持っていることと、『占星術的に意味がある』ということは違っています。


外惑星も、小惑星も、天文学的には惑星ですが、それが西洋占星術上の惑星である事とは全く違います。


西洋占星術では、太陽も月も、『惑星』であると定義しています。何故でしょうか?

それらは天文学では、恒星であり、地球の衛星です。そして、天文学ではそれらを決して惑星とは言いません。定義上で恒星であり、衛星だからです。


我々西洋占星術を行っている者だけが、何故、天文学に迎合しなくてはならないのでしょうか?

 

また、外惑星や小惑星は、定義されたエレメントを持ちません。ですから、医療占星術では使えません。エレメントを持たないからです。ホットでドライな体質に冥王星はどのように作用するのでしょうか?

 

蠍のサインはコールドでモイストですが、そこへ、1ハウスのサインのルーラーである火星が入ると、ホラリー占星術ではその人は病気だと判断します。これは、エレメントで判断しているからです。医療占星術では、火星は蠍のサインのルーラーであるはずなのに、強くはならず、弱い体を示します。

  

同じく、ネイタルでも外惑星や小惑星は、エレメントに作用はしません。エレメントは、西洋占星術ではひじょうに大事な要素です。気質というものも、体質というものもエレメントで語られるからです。

 

そのエレメントに作用しない・・・ ということは、気質にも体質にも感情にも影響を及ぼさないということです。さも、影響があるようなことを書いている本もありますけれども、どのような要素が作用してエレメントに影響を与えているか、書かれている本を知りません。

 

ひょっとして、拡大する、縮小する、というような意味はあるのかもしれません。それらは、古典的な占星術では、ヘッドやテイルが担っていた役目です。

 

反転させる、左右を逆にする、天地を違えるというような意味があるのかもしれません。検証はしていませんが。