ハルブ ヘイズ そして、セクト


● セクト (sect、又は、secta)

  レトリウスの書いた、Compendiumに出てくる。昼生まれの人は、太陽、木星、土星が、セクトのルーラーでづ。夜生まれの人なら、金星、月、火星が、セクトのルーラーです。

 

● ハルブ (halb、正確な綴りではありません)

  アル・ビルニの見解では、『占星術教程の書』 のNo.496で、

「ハルブの惑星は、昼の惑星なら、昼間地平線上に在り、夜地平線下にあること。夜の惑星なら、夜に地平線上に在り、昼地平線下にあること。これをハルブにあると記述する」と書いています。

 

  アル・ビルには、この見解をアブ・マシャー(マシャ・ア・ラーの高弟)から持ってきています。

 

  ウィリアム・リリーはこれを間違って記述し、

「ハルブの惑星は、太陽、木星、土星が昼に地平線上にあり、夜の惑星が夜に地平線下にあることが良いとされる」と、書いて混乱をさせます。こういう時には、彼より、より古い文献を頼るしかありません。リリーは、時々、私たちを混乱させますが、そほ方が勉強が進むのでいいのです。

 

 

 

   したがって、ハルブは、

 

  昼の惑星(太陽、木星、土星)ならば、昼に地平線上にあること。夜に地平線下にあること。

  夜の惑星(月、金星、火星)ならば、夜に地平線上にあること。昼に地平線下にあること。

 

となります。

 

 

● ヘイズ (hayyz、又は、ドメインdomain)

  上記のハルブの条件に当てはまっていることが必要で、その上、男性格の惑星なら、男性格のサイン(牡羊、双子、獅子、天秤、射手、水瓶のサイン)に入っていること。

  そして、女性格の惑星なら、女性格のサイン(牡牛、蟹、乙女、蠍、山羊、魚のサイン)に入っていることでヘイズになります。

 

  水星は、オリエンタルにあるなら男性格の惑星で、昼の惑星です。オキシデンタルにあるなら、女性格の惑星で夜の惑星になります。したがって、上記のチャートの全ての惑星はハルブです。

 

  ヘイズで無い惑星が2つあります。探してみてください。答えは、ちょっと下にあります。

 

単 語

Domain(ドメイン)

 

所有地、管理領域、領地、本業、専門分野

 

 

 


● セクト

  セクトの惑星があれば、強さのあるネイタル・チャートだと言えます。一種のディグニティーのようなものです。

● ハルブ

  その惑星を、アクシデンタルな強さのもとに置きます。良い状態とは、準備がされている、調和できる、コントロールできる、極端さが無い等、ギリシャの哲学で良いとされたものに匹敵します。

● ヘイズ or ドメイン

  自分を律することができ、節制できる強さを持ちます。適合性があり、鍛え上げられます。

 

  この状態に無ければ、鍛えられるとか、清潔にされるとかでは無い状態、だらしのない不潔なものを連想させる、デトリメントに近いものとなります。



上記のチャートでヘイズでないもの。ハルブだけに在るもの。

● ヘイズでは無い惑星は、木星と水星です。木星はハルブですが、女性格のサインに入っています。

水星は、オリエンタルですから男性格昼の惑星になっていますが、女性格のサインに入っています。