エッセンシャル・ディグニティー



● 惑星は、そこかしこのサインで良さを持ったり、悪さを引き出されたりしてしまう。最も有名なものは、牡羊のサインで火星がロードとなると言われるようなことで、その意味は、火星が牡羊のサインに入っていれば、火星が火星らしく振舞うことができる、といったような事を指す。それがロード(マネジメントをする役を持つもの = 管理責任者)の意味である。

 

 火星が牡羊のサインに入っている事を、「火星がロードである」、「火星は牡羊のサインのドミサイル(本籍地)に当たる」、「火星が火星のディグニティーを得ている」、「火星は牡羊のサインのディスポジターである」、「火星は牡羊のサインのレシーバーになる」とか、様々な方法で表現される。どれも同じような意味であるが、使われる場面によって表現方法が違っている。たとえ言葉遣いを間違えていても、筋を捉えていればいい。正確な意味は、誰にとっても捉え難い。

 

 エッセンシャル・ディグニティーの表は、チャートから惑星の位置を把握することでスタートする。表のサインの度数に当たる惑星が、それぞれのディグニティのディスポジターであり、当該の惑星であればディグニティーを得、その他の惑星は、レシーブされる。

 

エッセンシャル・ディグニティーの表 左記は、カルディアン・タームの表である。下記のものは、エジプシャンタームの表である。幾つかの考慮を重ねた結果、エジプシャンタームの表を使うようにお勧めしたい。

 


● あなたが木星を、山羊(♑)のサインの5度にあることを確認したとしよう。そうしたならば山羊(♑)のサインの行を参照する。縦のサインの欄と、山羊(♑)のサインの交わった所を見ると、そこには()の印が書かれている。ロードは土星である事を示している。土星を、できれば別の紙に書き写し、表にしていく。手戻り作業を無くするためである。

 

 次にイグザルテーションの欄を参照すると、[火星28]と書かれたものが見つかる。これは、イグザルテーションのロードが火星である事を示している。28は度数のことで、詳しくはイグザルテーションの項目を参照ください。木星が5度にあって、そこでは火星がイグザルテーションのロードである事が分かる。それを紙に書き写し、表にしていく。

 


● 同じように、トリプリシティーの欄も参照して、どの惑星がトリプリシティーのロードになっているかを探す。トリプリシティーは、昼(Day)と夜(Night)の二つに別れている。昼と夜では、違う惑星がロードとなることを示している。チャートが昼であれば、山羊のサインのトリプリシティーのロードは金星であり、夜であれば月である。それを紙に書き写し、表にしていく。

 

 太陽が地平線より上にあれば、昼のチャート。太陽が地平線より下にあるなら、夜のチャートである。

 




各 エッセンシャル・ディグニティーの簡単な意味

● サイン、又は、ドミサイルのディグニティー

 

 牡牛のサインに入っている金星は、高いエッセンシャル・ディグニティーを得る。高いディグニティーを得ていることによって、金星は冷静に回りの状況を知ることができ、その場に相応しいことが何なのかを判断できる。ただし、それが分かっていても、行動できるかどうかは別のことである。行動がとれるかどうかは、もう一つのディグニティー、アクシデンタル・ディグニティーを得ているかどうかによる。

 

● イグザルテーションのディグニティー 

 

 牡牛のサインに入っている月は、イグザルテーションのディグニティーを得る。これは王権を得ているという意味にもなる。マンションでいうと、ドミサイルは住民で、本籍として登録はしているが、イグザルテーションは家主、所有者のような感覚となる。マンションの家賃の支払は家主がするものであり、建築費の支払いは、家主が行う。時と場合によって、居住者が強い場合と、家主が強い場合がある。管理をする方向が違うと考えてもいい。

  

● トリプリシティーのディグニティー

 

 ドロセウスの捉えるトリプリシティーのロードは、サインのディグニティーに継ぐ影響力をチャートに与える。それくらい、無視できない物である。いつの頃からかイグザルテーションと呼ばれるディグニティーの方が勝る事になってきた。トリプリシティーは、別名友情のトリプリシティーとも呼ばれる。この意味は、サインが愛情なら、トリプリシティーが友情という意味だ。じゃあ、イグザルテーションは?  友達以上、恋人未満であるが、恋愛の質問で相手をイグザルテーションでレシーブしているなら、愛となる。

 

● タームのディグニティー

 

 ディグニティーとしては、フェースと共に少ないものである。無いよりもあった方が良く、時々は軽視され、読み飛ばされる。自分自身のタームに居るということは、楽しめるわけではないけれども、腰を降ろして落ち着くことができるという感覚となる。絶対的な自身に溢れているわけではないけれども、フラットに肩に力を入れずに生きることができる。

 

● フェースのディグニティー

 

 これこそ、無いよりも在った方が良いと言われるものである。惑星はディグニティーを持たないと、それだけでペレグリン(下記参照)という根なし草のような存在になるからである。

  


エッセンシャル・デビリティー

 

● ペレグリン

 

 惑星が一切のディグニティーを持てない状況である。デトリメントでもフォールでも無い状況にさらされている。古代の占星家は点数として-5点を与えている。これは、デトリメントに匹敵する悪さとなる。ただし、意味合いが違うので同じようには作用しない。本質(エッセンシャル)的には弱さを示すが、ディスポジターが良いと、アスペクトが無くても良くなる。

 

● デトリメント

 

 エッセンシャル・ディグニティーの表では、惑星がサイン(ドミサイル)のディグニティーを得るちょうどオポジションのサインで、惑星はデトリメントとなる。逆の立場にある、もっとも ‶らしくなれない” 場所に居る、自分を正確に表現できない等々、質問ごとに様々に変化する一種の悪さである。

 

● フォール

 

 イグザルテーションのオポジションに当たるのが、フォールである。王権のオポジションの場所。牢屋に入れられた王のような感覚となる。フォールは、昔から井戸に落ちた人を表している。近くに来た人にしか、助け声は届かない。例えば山羊(♑)のサインで木星はフォールだが、たまたま火星がアスペクトやコンジャンクションで木星に近付く(アプローチする)と、リセプションが生じて、木星を助け出してくれる。従って、フォールになっている惑星でも、助けがあればチャートの中で活きる。

 

 このようなリセプションを探し出すにも、エッセンシャル・ディグニティーの表を参照して、別の紙に書き出し、リセプションを観察するす必要がある。それによって、多くの見落としを避けられる。