例題 続き ● 質問は、結婚に付いて。「結婚できますか?」


2 惑星を選んだら・・・

 

 互いに好意を抱いているのかどうかを探し、次に、結婚に至る表示を探す。

 

 

 恋愛や結婚の質問では、① 水星 ⇔ 木星、 ② 金星 ⇔ 火星、 ③ 月 ⇔ 土星、 ④ 太陽 ⇔ 土星、この4つの組み合わせしかない。

 

 仕事の質問で、アセンダントのロードと、10ハウスのロードが同じになることは、しょっちゅうある。どうしたらいいのであろうか? 幾つもの方法があり、優先順位が決められている。決められている優先順位に、理由もある。

 

 上記の恋愛の例では、好意を抱いていることが分かり、アスペクトのようなものを探し当てても、この結婚が、それほど良いものとはならない。

 


  1.  このチャートは、そもそも、読んでもいいのなのだろうか?
  2.  選ばれた惑星は、何故、それらが選ばれたのだろうか?
  3.  好意を抱いている印は、どのようなものか?
  4.  互いの、これからの結び付きは、どのように示されているのであろう?
  5.  上記の全てを見つけても、何故、結婚がそれほど良いものとならないのであろうか?

 これらの事柄を、ステップを踏んで習うことができるのが、当スクールだ。

 

 分からなければ、習った方が早い。スクールへの入校は、こちらをクリック

 

  膨大な本を読むか、習うしかない。

 

 どんな本を読んだかでも、変わる。

 

 

 

 

  


西洋占星術スクール

 上記のチャートでは、クライアントが水星で、彼/彼女が、木星となる。

 

 そして、水星と木星を観察していく。

 

 2人の間に、愛があるのか とか 

 2人の間に、結び付きができるのか とか・・・

 


西洋占星術スクール

〔西洋占星術〕

スクールのご案内


占星技術の ブログ



本の紹介

● 『星の階梯 I  2018年3月発刊 発売中

 

「古典的な西洋占星術を学んだことがなく、ずかしい思いをしたくないあなたへ!

 


リセプションについて

星の階梯 I 

 



● 天文学的な惑星を使っても西洋占星術が当たるように思えるのは、ほとんご精神的な事柄だからだ。精神的な事柄というのは、言うと当たるものである。「思い当たる」と言う。

 

  精神的な判断は、家系を継ぐとか、事業を起こすとか、人の生死に、全く関わっていない。