『愛のホラリー占星術』 アマゾンで発売中

   副題   リセプションについて



  『愛のホラリー占星術』 グッドタイム出版刊

● 本のテーマは題名の通り

  様々な恋愛関係の質問を、ホラリー占星術で読み解く為のものです。リセプションに興味を持っていただく為に、恋愛関係の読み解き方が理解し易いだろうと考えました。


  ネイタルでも多用される、リセプションの概念を歴代の占星家達の意見を基にキチンと書きました。


  おそらく、日本で初めての西洋占星術上のリセプションを扱った本です。


  ホラリー占星術で恋愛を判断する為には、リセプションを理解していないと解けないという理由もあります。Amazon と三省堂のみで購入可能です。一般の書店では購入できません。

 

『愛のホラリー占星術』

 

恋愛の判断とリセプションについて


  西洋占星術を判断する為の三つの柱は、アスペクト、ディグニティー、リセプションです。最も難しいリセプションから紹介する理由は、それは日本で始めてであり、恋愛のホラリーチャートを読み解く為に、あまりディグニティーを参照することは無いからです。(必要が無いと言っているわけではありません)

  リセプションという概念と、ミューチャル・レセプションという概念は、似ています。でも、全く違っているといってもいいでしょう。

 

  例えば、下記のチャートを恋愛のチャートだとして、太陽と金星は25°にあると考えて下さい。コンバストでは無く、リセプションです。ここには、他にも幾つものリセプションがあります。月と木星、木星と土星、等がリセプションになっています。又、月と土星の間には、木星を介したトランスファー・オブ・ライトという関係もあります。完成を示す惑星の働きです。

 

  ミューチャル・レセプションは水星と火星の間と、太陽と土星の間に在る2つだけです。

リセプションを説明する為の架空のチャート
リセプションを説明する為の架空のチャート

リセプションは、ネイタルでも多用されます


● 恋愛のチャートの判断では、リセプションを観察することによってお互いの気持ちを読み解く事ができます。

 

  相手の気持ちを読み解く時には、アセンダントのロード(土星)も観察し、カレントの気持ちを読み解くためには7ハウスのロード(月)も観察します。

 

  カレントの気持ちならアセンダントのロード(土星)だろう… という見方だけをしないのが占星術です。


  上記のチャートでは

 

  金星と太陽がリセプションです。
  月と木星がリセプションです。

  木星と土星がリセプションです。(従って、月と土星の間にトランスファー・オブ・ライトが完成します)

  水星と火星がミューチャル・リセプションです。

  太陽と土星がミューチャル・リセプションです。