法則を学ぶことは 旅に似ています


ホラリー占星術を学ぶことは、同時に、「西洋占星術とは何か」との問いに答えることにもなります。それは、問う行為を行う人と、投げかけられた問いに答える占星術師の存在の、2人が揃って始めて占いがスタートするからです。

 

何故、そんな占いができるのでしょうか?

 

ボナタスという13世紀のイタリアの占星術師は、次のように考えました。

1、天という存在が要るであろう。

2、問いたいという人が、問うという行為を自由意思で行う必要がある

3、それだけでも不十分で、問うという瞬間に、星々が整えられていること

そして、そこに占星術師が介在しないと、答えは得られないだろうと。

 

天とは、何でしょう。明らかに、神の存在を認めていたのです。そのような存在を認めるからこそ、適切な時と場所で、チャートを作らせてもらえるのだと心の底から信じていたのです。

 

下に、偶然の賜物で作られたチャートがあります。神に対する不信感ではありませんが、本人が望まない所で作られたチャートです。依頼人は、本人から「占わないで欲しい」と言われていたにも関わらず、”簡単な質問だから答えは得られるはず”と思い、占ってしまったのです。

 

2018年10月30日 10:59pm

占いに親しんでいる女性が、つい最近仕事の面接を受けた彼のことに付いて占いを依頼します。しかし、彼からは占い好きの彼女に、「占わなってくれるな」と釘をさされています。

 

質問は、「私の彼は、仕事を得ることができますか?」です。

 

彼を示す表示体となる惑星は、7ハウスのロードである土星です。彼が面接を受けた仕事は、7ハウスから数えて10番目のハウス、4ハウスのロードである金星です。土星にアスペクトしてくれる惑星がいないのです。10ハウスの火星だとしても、土星とアスペクトを取りません。一見、金星が逆行して土星の光を背負っているようにも見えますが、太陽からセパレートしてきています。

 

結果、仕事は得られないことになります。

 

でも、彼は仕事を得られたのです。

 

2、問いたいという人が、問うという行為を自由意思で行う必要がある

これに反しています。すると、正しい結果が得られなくなります。不思議だと思いませんか? 何故、そのようなことが起きるのか、人間の浅知恵ではなかなか理解できません。ただ、素直に、「してはいけないことは、してはいけない」と捉えるしかありません。解釈をすると、その時点で何かの間違いが起きるように思います。